シロアリ駆除が完了するまで

シロアリ駆除の流れ

薬剤散布によるシロアリ防除施工の方法

家屋内に侵入してしまっているシロアリに対しては、薬剤の散布で駆除します。ドリルで穿孔した穴から薬剤を注入し、木材や壁の中にいるシロアリを駆除します。薬剤を注入して殺すので、直接人に触れることはありません。絶対とは言えませんが、よほど過敏な方(例えば、トイレの芳香剤で気分が悪くなるような方)でない限りは大丈夫です。

もちろん開けた穴は処理剤注入後に補修しますし、移動した靴や物は元の位置に戻します。そして、次に新たなシロアリが侵入してこないように、あらかじめ薬剤を散布してバリアを作ります。この薬剤のバリアの効力は5年間持続します。

床下・室内の防除施工

1.挨拶・自己紹介

まずはお客様に身分を明かすための名刺をお渡しし、ご挨拶をします。

2.準備

薬剤散布は作業者の薬剤タンクからホースを伸ばして行います。そのため、家の中を汚さないように、専用のシートで養生をします。ホコリがかかりやすい部分にはビニールなどで養生をします。

3.床下作業

薬剤ホースを持って床下に潜り、散布を行います。駆除施工の場合は、散布の前にシロアリ被害箇所の木材にドリルで穿孔しておきます。

床下に使用されている木材(土台、床束、大引き、根太等)に薬剤を吹き付け、必要に応じて注入します。そして、床下の土壌表面に薬剤を散布します。床下がコンクリートの場合でも表面に散布します。

土壌処理

<土壌処理>

木部処理

<木部処理>

木部穿孔

<木部穿孔>

※木材用の薬剤には防蟻成分に加えて防腐成分も含まれています。

4.床上作業

床下での施工だけでは完全に防除できない場合があります。その場合は、必要に応じて各部位に適切な処理を行います。

  • 室内にシロアリの被害がある場合は、その被害部位に薬剤を行き渡らせます。
  • タイル張りの浴室の場合には、床の土間部分と壁の立上り部分にドリルで穿孔し、薬剤を注入します。処理後はできる限り目立たないように補修します。
  • 玄関や勝手口など、床下空間のない部分については、土間にドリルで穿孔し、薬剤を注入します。処理後は同じく補修します。
  • 浴室の土台で床下から作業できない部位は、外壁から穿孔し薬剤を注入します。

玄関タイル穿孔

<玄関タイル穿孔>

玄関ドア枠穿孔

<玄関ドア枠穿孔>

室内浴室注入

<室内浴室注入>

5.施工完了報告

掃除し、養生を撤去し、お客様に完了の報告と施工結果の説明をします。

シロアリ駆除施工のことをもっと詳しく知りたい方はこちら

シロアリ防除保証って何?

薬剤の安全性について