シロアリの家族

女王から生まれるシロアリの子供たち

ヤマトシロアリの場合、1つの巣の中に1~3万頭もの家族がいます。イエシロアリの場合、百万匹以上になることもあります。1つの家族には、女王様と王様が1頭ずついて、その他のシロアリも含めて、役割にしたがってさまざま仕事を分担。高度な社会生活を営んでいます。

働きアリ

餌を獲ってきたり、幼虫の世話や掃除、巣作りをしたり、あらゆる雑務をこなします。ちなみに木をかじることができるのは、この働きアリのみです。噛み砕いたものをほかの階級のシロアリに口移しで分け与えていきます。「職蟻(しょくぎ)」とも呼ばれます。

働きアリ

兵隊アリ

外敵と戦ったり、偵察や仲間の護衛をしたりします。ヤマトシロアリはあまり攻撃的ではありませんが、イエシロアリは自ら敵に咬みついたり、口から白い液体を出したりして威嚇します。

兵隊アリ

ニンフ

普段は何もしませんが、実は彼らこそが羽アリの予備軍です。新しい巣を作るべく、ある時期を境に巣から飛び出していきます。また、巣の中でニンフ全体の数のバランスが崩れると、働きアリ・兵隊アリ・副女王・副王となることもあります。

ニンフ

副女王・副王

副女王・副王は何頭かいて、万一女王様や王様が死んでしまったときなどに代わりを務めます。

女王と王

女王と王

副女王・副王

ご紹介したシロアリは、役割によって体の形も色も違いますが、すべて同じ女王様の子供です。不思議ですよね。

シロアリは何を食べているの?

シロアリのことをもっと教えて!

もしかしたらシロアリかも・・・不安なときは即相談!